Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっちの更新を忘れていた

順調に物事が進んでいるとそっちに集中してしまう性分で、しばらく留守にしていました。

よそ様の作品に名前がクレジットされているのを見ると嬉しいものです。東方創想話に投稿し始めた頃は、創作活動がここまで広がっていくとは想像もしていませんでした。仕事上でもそうですが、変なつながりが変な成果につながるものです。
なんで同じ内容を20数回も書き直すはめになっているんだろうと遠い目をした日々も一段落。それから一ヶ月創作活動から離れていましたが、ようやくまたふつふつとなにやら湧いてきています。
スポンサーサイト

ネトゲ始めてました

 ネットゲームを始めました。

ジール
(三大都市ジールの風景)

 二ヶ月ぐらい前にオープンしたグランドファンタジア 精霊物語というネットゲームです。
UO以外のゲームは一ヶ月ぐらいROをやったぐらいなので、どんなものかなーと入ってみましたが、いまいち勝手がつかめずにいました。
 そんな折、絶好のタイミングで「初心者講習会」が開催されました。早速、私も開催されている現地に向かったのですが、そこはやはり初心者です。見事に迷って、到着したときには、すでに現地は締めの記念撮影会。
 仕方なく、しれっとそれにまじりつつ、ついでに自分でもスクリーンショットをとろうとしてカメラの位置をぐるぐるまわしていたのですが。

ぱんつ
(疑惑のローアングル)

 予想外のパンモロ祭りが開催されていました。
 あまりにもあざといというか、見ている方が恥かしい光景です。まったく。もうしばらくゲームを続けよう。


 こんな経緯で一日一時間ぐらいで動かしているのですが、このゲームはクエストが設定されていて、その宿命かどうしてもお使い要素が多くなってしまいます。そのため、移動に結構時間をとられてしまいます。
 しかし、このゲームは全体マップを開いて目的地をクリックすれば自動的にそこへキャラクターを走らせてくれるので、手間という面ではあまりかかりませんし、未踏の地域でも迷うことなくつっきることができます。
 そこで、新しいクエストをもらったので早速走らせます。

run1

 移動の時間は恰好の読書タイムなので手元の本に眼を落とします。

run2

 こうしている間にも、夜の草原をかけていくキャラクター。
 やがて、目的地に近づいた頃、ぺしっぺしっと珍妙な音。
 なんだろうと、ふと顔を上げます。

run4

 なんか、後ろから、すごいのきてる。

 慌てて回復しようとおしたマクロは三秒詠唱スキル。
 十秒後、そこには惨殺死体が転がっていました。


しそぺぷし

 ペプシコーラのシソ味は、友人との間でいい小ネタになっただけでも存在価値があったのだと思う。

 というか、確かに紛うことなきシソ味で、うまいまずいの話ではなく、実に誠実だ。
 ただ、できればうまいほうがいい。

知人談

 ついさっき、知り合いの同人ゴロから電話がかかってきました。
 いや、本人がそう自称しているから、失礼であってもそう呼ばざるを得ません。実際のところは、企画屋さんなわけですが。
 雑誌のライターをやりながら、定期的に企画を雑誌に持ち込み、年に一冊小説を出して、季節の折々に作画のコネをみつけて成人向けの同人活動を行う。そのバイタリティと、企画会社の社員を維持する甲斐性に常日頃感服しています。
 ただ、近所にいた頃は夜中の二時に「朝までにカードゲームの記事をかけと言われてカードを渡されたから、今すぐ対戦しろ」と押しかけて来られたりもしまして、ぶちきれたり逆切れされたりしましたが。
 そんな知人からの用事は「今、そこそこの需要がありながら競争相手のいない作品はないか」という不躾な質問でした。
 なんだかややこしいなーと思いつつ、まったく何も考えつかないので「さあねー」と言葉を濁すしかありません。
 理由はわかりませんが、彼の場合、一番の人気作に素直に飛びつくってわけにないようです。
 成人同人の需要を的確に掘り当てればすごくアツイとか、何とか。
 商売のために同人つくっている人はつくっている人なりの苦労があるってことですかね。

 ついでに東方ジャンルの同人について聞きましたが、まあ、色々あるんですね。
 ZUNさんの「好きにしていい」という言葉に乗っかりすぎると、危険な甘えになってしまいます。
 とはいっても、私自身は同人をだしたこともないので遠い世界の出来事とのように聞いていましたが。
 あと、彼個人としてはファンの大部分が男性なのに男性向けエロがそんなに多くなかったのが不思議だったそうです。
 ただし、最近では力のある男性向け作家さんが増えてきたためか、新規ファンの拡大のためか、嗜好が他の同人と同じようにエロ需要が増えているとのこと。私としては東方は世界観だよと言ってやりたかったのですが、残念なことにアリスとウドンゲにホイホイされたこの身では何も言うことはできず、ただそーなのかーと返答するばかりでした。

ご連絡

 推測も不可能なぐらい時間が経ちましたので明らかにしますが、ハンドルネーム小山田で投稿しているのは、今はゆっくり界隈のみです。
 荒れたりしたら向こうに対して申し訳ないので、創想話には別ハンドルで投稿を続けてました。
 そんなわけで、今も現在進行形で創作活動を楽しんでいます。
 やはり評価されるのは作品であって、作者ではないことも実感できて、ある意味収穫もありました。
 皆様には色々とご心配をおかけして大変申し訳ありませんが、今後ともそれぞれのジャンルでよろしくお願いします。


Appendix

プロフィール

小山田

Author:小山田
東方SSを書き始めたばかりの素人が適当に感想やレビュー、作品の公開をしております。

<当方のレビューのスタンス>
作品の良さを、もっと色んな方に知って欲しい作品が中心。そのため、すでに高評価の作品は外しています。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。